トップCSOが情報セキュリティを変革するために選んだテクノロジーとは

今週、SBIC(ビジネス革新のためのセキュリティ協議会)は、「転換期を迎える情報セキュリティ」シリーズの3番目の、そして最後のレポートである「テクノロジーの重視」を発表しました。このレポートでは、最近のテクノロジーの進歩によってセキュリティ機能の強化が可能になった主要な領域に焦点が当てられています。このシリーズ最後のレポートには、前の2つの「転換期を迎える情報セキュリティSBICレポートと同様に有益な情報が含まれています。

このレポートは、まず始めに変化し続けるITセキュリティの状況に対する懸念が高まっていることを強調し、ビジネスはこれに対応するために境界ベースのセキュリティから脱却し、非効率的な侵入阻止ベースのテクノロジーよりも検出と復元性を重視したより確実なソリューションに向かう必要があると指摘しています。これは、RSAとそのインテリジェンス主導のセキュリティ戦略からも独立に支持されている推奨事項です。これからの目標は、SBICメンバーが指摘するように、サイバー脅威に対するより高度な復元性を作り出すことです。これを実現するために、彼らは以下のテクノロジーにおける新しいイノベーションに言及しています。

  • セキュリティ分析(ビッグデータ分析テクノロジー)
  • 次世代マルウェア対策
  • 柔軟な認証方式:
  • IDとアクセスの管理(IAM)
  • 新しいクラウド サービス

レポートの要点は次のとおりです。サイバー脅威に対する復元性を実現するために、セキュリティ リーダーは、包括的な状況認識、効率のよい脅威検出、インシデントに迅速に対応する機能を提供するテクノロジーを必要としています。

協議会は、主要な領域を強調した後、これらのテクノロジーへの投資、ITに関する懸念事項とLOB(基幹業務)の調整、そして今後数年にわたって実施される将来を考慮したプランに関する、十分な裏付けのある推奨事項を提示しています。また、形式化されたリスク展開を通じて価値を最大化するための青写真も描いています。

これは有益かつ詳細なレポートで、「情報セキュリティの変革」シリーズの前の2つのレポートの後継として十分な内容を備えています。ぜひご確認ください。http://japan.emc.com/collateral/solution-overview/h13125-report-sbic-strategic-technologies.pdf

 

No Comments